« 大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その6 | トップページ | 大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その4 »

2012年5月 9日 (水)

大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その2

大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その2

ニュースなどで耳した事があるであろう「京都議定書」について
大倉満が詳しく解説していきたいと思います。

~目標達成時期について~

京都議定書では、2008年から2012年までの期間中に、
先進国全体の温室効果ガスの合計排出量を1990年に比べて少なくとも5%削減することを目的と定めました。

その後、「第7回気候変動枠組条約締約国会議(COP7)」などで各国の遵守制度についても話し合われました。
目標 達成期間内に不遵守の国があった場合(目標達成ができなかった場合)、
その国の排出超過の1.3倍分を次期約束期間の割当量からの差引くこと、

次期約束期 間における遵守確保のための行動計画を策定すること、排出量取引が禁止されるなど、
法的拘束力を持たない形での罰則規定が決定されています。

~京都メカニズム~

「クリーン開発メカニズム」「排出量取引」「共同実施」の3つのメカニズムを京都メカニズムといいます。
各国の削減目標達成のために、京都議定書に盛込まれた制度です。

(1)共同実施
先進国同士でプロジェクトを行い、その結果生じた排出削減量に基づいて発行された
クレジットをプロジェクト参加者間で分け合う制度です。
共同実施で発行されるクレジットをERUといい、排出枠として活用が可能です。

(2)クリーン開発メカニズム
先進国が発展途上国と協力してプロジェクトを行い、その結果生じた排出削減量に基づいて発行された
クレジットをプロジェクト参加者間で分け合う制度です。
クレジット名はCERといい、排出枠として活用可能です。

(3)排出量取引
先進国の間で、排出枠の獲得・取引を行う仕組みのこと。
炭素クレジットを 1t-CO2 単位で取引する制度で、
割当量単位のほか、CER、ERU、また吸収源活動による吸収量も取引できます。
ただし、排出量取引が行えるのは京都議定書の発行が前提となります。
京都メカニズムの枠外では EU、イギリス、シカゴなどで既に排出権取引が試行されています。

~日本の目標~

日本では、2008年4月から、第一約束期間に入りました。
1990年に比べて温室効果ガス排出量を6%削減することが、日本に課せられた目標です。
しかしながら、1990年に比べ総排出量は、逆に9.0%上回っているのが現状なのです。
もう、待ったなし。
地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、温室効果ガス削減をめざし、
一人ひとりが具体的アクションを実践して、地球温暖化を止めなければいけないと大倉満は考えています。



大倉満 環境保護 大倉満 環境保全 大倉満 環境問題 大倉満 自然保護 大倉満 天然資源 大倉満エコ 大倉満エコロジー 大倉満 低燃費 大倉満リサイクル 大倉満 異常気象 大倉満 温暖化 大倉満 大気汚染 大倉満 水質汚染 大倉満 土壌汚染 大倉満 地震 大倉満 放射能

« 大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その6 | トップページ | 大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637591/45194064

この記事へのトラックバック一覧です: 大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その2:

« 大倉満が推進する「温暖化」ストップ!その6 | トップページ | 大倉満さんに聞く「温暖化」問題を知ろう!その4 »